高橋屋の由来|うなぎ(鰻,ウナギ)割烹料理の高橋屋。埼玉県杉戸町推薦品に選ばれた天麩羅(天ぷら)などもご用意しております。秘伝のタレのうな重,蒲焼きなど

うなぎ(鰻,ウナギ)割烹料理の高橋屋
お品書き(蒲焼き,うな重) | うなぎ(鰻,ウナギ)割烹料理の高橋屋
当店のご案内|うなぎ(鰻,ウナギ)割烹料理の高橋屋
高橋屋の由来|うなぎ(鰻,ウナギ)割烹料理の高橋屋
ご案内図|うなぎ(鰻,ウナギ)割烹料理の高橋屋
土用丑の日|うなぎ(鰻,ウナギ)割烹料理の高橋屋
リンク集|うなぎ(鰻,ウナギ)割烹料理の高橋屋
ホーム|うなぎ(鰻,ウナギ)割烹料理の高橋屋
unagi|grilled eel|English Menu|英語メニュー
うなぎ(鰻,ウナギ)割烹料理の高橋屋通販(蒲焼き,白焼き)
QRコード

http://www.takahashiya
.org/shop/mobile/

古利根川の流れとともに伝統の味と心を伝えて120年 埼玉県北葛飾郡杉戸町杉戸3丁目10番6号 0480-35-0021
ホーム > 高橋屋の由来
高橋屋の由来
《 伝統の味と雰囲気 》
明治初期、初代 高橋滝吉は高橋屋の店名ではなく「藤喜柴雲亭」の名で料理店をはじめた。
明治43年に高橋屋の店名に変える。
明治創業
現在の店主は四代目である。
駅通りに桜並木のあった頃、古利根橋のたもとで座敷、出前のみの店を始めた。
昭和4年
現在の住所に移転した。心落ちつかせる庭園と二階の座敷、一階の大座敷を設ける。
昭和51年
食事処(テーブル席)を作る。
気軽に食事をしていただくために、川魚中心の料理だけでなく、海の魚も採り入れる。
内陸県・埼玉は河川や沼が多く、うなぎ料理の店は多いですが「うなぎの天麩羅」を初代から名物として始めたのが高橋屋です。
座敷、庭園は古くからの物を維持するために手を掛けています。
食材は新鮮な上物を選ぶ事から始まり、祖父から父へそして私へと言葉では伝えられない「コツ」があります。お客様を大切にする店作り。
うなぎ(鰻,ウナギ)割烹料理の高橋屋|このページの先頭へ
常に変わらぬ味を守り続けるうなぎ(鰻,ウナギ)割烹料理の高橋屋